【幻の国産スーパーカー】ロータリーエンジン搭載の「マツダRX500」 の乗車体験!

1970年の東京モーターショーに登場し、話題となった国産スーパカー、マツダRX500。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のタイムマシンになったデロリアン「DMC-12」(1981年)を彷彿させる、かなり未来的なデザインを取り入れたこのRX500は、マツダ創立50周年を記念して作られた、正真正銘のジャパニーズ・スーパーカー(RX500=マツダ創立50周年)を広島市交通科学館で乗車体験してきました。

Chatan
ちゃたんです。旅行社の立場から本音で発信していきます。