航空機の現在位置がリアルタイムにわかる?フライトレーダー24とは

001
https://www.flightradar24.com
★飛行中の民間航空機の現在位置をリアルタイム表示するウェブサイトならびにスマートフォン・タブレット向けアプリケーション。FR24、あるいは単にフライトレーダーなどと略されることもある。

★2006年、2名のスウェーデンの航空ファンがヨーロッパ北部・中部のADS-B受信ネットワークの構築をスタートし、2009年に公開した。希望するユーザは誰でも受信したADS-BのデータをFlightradar24のサーバに送信できるシステムとして公開されたため、世界各国の航空ファンによってレーダーの対応範囲は拡大し、現在はヨーロッパ、アメリカをはじめとしてアジアやオセアニア、アフリカの一部に対応している。

★従来は航空管制官やパイロットしか知ることのできなかった航空機の位置情報・飛行経路が手軽に取得できるため、航空事故発生時にマスメディアの情報源として用いられることもある.

★便名が表示される。便名が割り当てられない自家用機などでは機体記号がそのまま表示されることもある。
★出発地/目的地 – 空港コードと都市名が併記される。ADS-Bから取得した情報ではないため、データベースの更新が間に合わずに全く違う出発地や目的地を表示する場合もある。
★Flightradar24の仕組み上、レーダーに表示できる機体と表示できない機体が存在する。表示できる機体であっても、安全保障上の理由やプライバシーなどのため、要人が搭乗する機体やプライベートジェットなどは表示されないこともある。
★任務中の戦闘機や輸送機などは当然ながら表示されないが、各国の軍隊によって運用されている政府専用機や一部の輸送機、空中給油機は状況によってレーダーに表示されることもある。日本国内では航空自衛隊の日本国政府専用機(ボーイング747)や空中給油機KC-767がレーダーに表示されることがあった。また、アメリカ合衆国の大統領専用機(エアフォースワン)であるVC-25もレーダーに表示されることがある。また、一部の軍用機は地図上に表示はされるものの、コールサインが”BLOCKED”となり、機種や所属などの情報が伏せられる。


にほんブログ村

Chatan
ちゃたんです。旅行社の立場から本音で発信していきます。