一度は行きたい、東洋のマチュピチュ、感動と発見の旅

DSC_0218

愛媛県新居浜市。かつて、日本三大銅山の一つに数えられていた「別子銅山」には、閉山して42年経つ今も、歴史を物語る遺構の数々が残っています。重厚な花崗岩造りの貯鉱庫、苔むした石積みの壁…。その幻想的な風景から“東洋のマチュピチュ”と呼ばれ、人気を集めています。ここに行くにはマイントピア別子という所からマイクロバスが出てますが、レンタカー、マイカーで行くとかなりのスリルを体験できます。愛媛新居浜の別子銅山東平(とうなる)ゾーン


にほんブログ村

Chatan
ちゃたんです。旅行社の立場から本音で発信していきます。