咀嚼(そしゃく)で老化防止やダイエットになるとは、実践してみよう

咀嚼(そしゃく)(噛むとも)とは、摂取した食物を歯で咬み、粉砕すること。これにより消化を助け、栄養をとることができる。よく噛むことで食べ物を吸収するスピードがゆっくりになり血糖値の上昇を抑制、神経、筋肉、脳も使うので脳の老化防止にいいと言われてます。また顔の筋肉を鍛えることで顔のたるみを予防できます。かみごたえのある食品、生のにんじん、いかの刺身、生のキャベツなどがおすすめ。ひと口30回を目標によく噛んで食事をして健康で老けない体を目指しましょう。
血糖値を上昇させる速度は食べ物ごとに異なり、GI値(炭水化物が分解されて糖になる速度)の低い野菜・きのこなどの植物繊維、次に魚や肉などのタンパク質泊質、最後に白米などの炭水化物の順によくかんで体の糖化を抑えることが老化防止や腸内環境改善、ダイエットにも良いとのこと。

soshaku

 


にほんブログ村

もみじ
もみじ旅行社のもみじです。進めば道は開く!