高知は鰹のたたきだけじゃない、土佐名物の長太郎貝を食べてきた

高知の名物は鰹のたたきだけじゃない!今回は獲れたて新鮮な長太郎貝、牡蠣、サザエ、ホタテを食べてきた。まず、長太郎貝というのは高知での通称で、一般には緋扇貝(ヒオウギガイ)というのだそうです。ホタテ貝と同じイタヤガイ科の二枚貝で、ホタテが寒い海域に生息しているのに対して、長太郎貝は暖かい海域を好むのだそうです。旬は春から夏。この貝を見つけた土佐の漁師さんの名前が長太郎さんだったということで、土佐では長太郎貝と呼ばれるようになったのだといわれています。この長太郎貝がユニークなのは、その貝殻の色鮮やかなカラフルさ、炭火焼きで食べると今の時期超暑いが、生ビールがうまい!さすがに牡蠣は高知産ではなかったがそんなことどうでもいい・・・

kakityoutarou

もみじ
もみじ旅行社のもみじです。進めば道は開く!