新型車両、赤い電車(ビール電車)カープ電車?見てきました。

広島市街を中心とした路面電車網を運営する広島電鉄は6月12日、車内で飲食できるイベント電車「TRAIN ROUGE(トランルージュ)」を千田車庫(広島市中区)でお披露目した。7月1日から市内線での営業運転が始まる予定。フランス語で「赤い電車」を意味する「TRAIN ROUGE」は、750形電車の768号を改造したイベント電車。改造は大阪車輌工業が担当した。外観は赤と黒をベースにした塗装でまとめられた。側面は中央部のドアを撤去して窓を広くとり、客室スペースの拡大と眺望性の向上が図られている。広島電鉄電車企画課の片山陽課長によると、デザインは「メーカー(大阪車輌工業)と協議しながら決めた」としており、外部のデザイナーは関与していないという。内装は黒を基調としたシックな雰囲気でまとめており、食事を提供できるようテーブル付きの座席(定員26人)を設置。ビールサーバーや冷蔵庫、映像・音響機器も設置した。ビールサーバーは走行時の揺れに対応するため、スワン形のドラフトタワーを採用しているらしい。当面は7月1日から8月31日まで、『ひろでんビール電車』として広島駅~広電西広島間での往復運転が行われる予定だ。運転本数は平日が1本、土曜・休日が2本で、全体の所要時間は約100分。このうち20分は折返し地点になる広電西広島駅での休憩時間になる。車内では生ビール飲み放題で、特製弁当も付く。利用者自身による飲食物の持ち込みも可能だ。事前予約の団体貸切のみ扱い、販売額は1団体につき12万9800円。予約は6月20日から受け付ける。26名だと、ひとり当たり5,000円かあ~ しかしトイレが心配だな~ 折り返し地点までもたない~

IMG_0322

 

もみじ
もみじ旅行社のもみじです。進めば道は開く!