沖縄版アダムとイヴの神話伝説のある島に行ってきました。

古宇利島は、沖縄本島北部にある美しい海や沖縄版アダムとイヴと呼ばれる神話伝説のある島らしいのですが、何故かこの島、不思議と前に夢の中で見たような記憶があるのですね…今までずっと気になってたので今回思い切って行ってみようかと……古宇利島の神話伝説とは、昔、古宇利島に空から男女二人の子供が降ってきた。彼らは全くの裸であり毎日天から落ちる餅を食べて幸福に暮らしていた。最初はそれに疑問を抱かなかったがある日餅が降らなくなったらどうしようという疑念を起こし、毎日少しずつ食べ残すようになった。ところが二人が貯えを始めたときから餅は降らなくなった。二人は天の月に向かい声を嗄らして歌ったが餅が二度と降ってくることはなかった。そこで二人は浜で生活するようになり、魚や貝を捕って生活と労働の苦しみを知り、ジュゴンの交尾を見て男女の違いを意識し恥部をクバの葉で隠すようになった。この二人の子孫が増え琉球人の祖となった、と云う神話である。

kourijima

もみじ
もみじ旅行社のもみじです。進めば道は開く!