ホンダ・シャトルが車中泊にふさわしい理由【その2】

photo by 本田技研工業株式会社

シャトルが車中泊にふさわしい車種であるのには明確に理由があります。それはシャトルが燃料タンクを車両の後部ではなく、前席の下に搭載する「センタータンクレイアウト方式」を採用しているからです。概要で述べたように荷室の容量が大きくなっただけではありません。2列目シートを床面へ落とし込むダイブ式の格納にして、さまざまなシートアレンジが可能となったのです。

通常の車はシートを倒すと先端が盛り上がってしまうため、長さがあっても平らにならず、どうしてもフラットな床面は確保できません。ところが、シャトルは3列シート車のラケッジスペースを稼ぐために用いられるセンタータンクレイアウト方式を2列目シートにおいて採用することで、フラットな床面が手に入りました。つまり、車中泊において最重要である寝ころんだ時の快適性が他のクルマと比べて段違いに違うのです。

もちろん、それにより、大量の荷物を積めることにもなるのですが、実際にはシャトルに満載の荷物を積むことはなく、キャンプ道具程度なら後席を立てた状態でも十分。そう考えると、このフラットになる床面は、車中泊のためということができるのです。

また、汚れに強い樹脂素材を使った「ラゲッジアンダーボックス」は、泥の付いた靴なども気軽に積み込むことが可能で、 柔らかい荷物を置くためのマルチユースバスケットも装着しているので、さまざまな利用法で楽しめます。

ホンダ・シャトルは車中泊に最適なクルマ。もみじはこの車に決めました。【その1】

ホンダ・シャトルは、2015年5月にフィットシャトルの後継として開発された5ナンバーサイズのステーションワゴンです。「趣味やレジャーを愉しむユーザーに合った独自の価値を最大限に反映させた車種」という宣伝文句の通り、パワーユニットには、軽快な走りの1.5L直噴DOHC i-VTECエンジン、ハイブリッド車には34.0㎞/Lの低燃費とスポーティーな走りの「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-DCD」を採用しています。また、ハイブリッド車には4WD も設定しています。

5ナンバーサイズのコンパクトなボディーでありながら、開放感のある頭上スペースを確保した広々とした室内空間。そして、クラス最大の容量はもちろん、大きな開口部や最大184cmにもなる荷室長とフラットな床面、荷物に応じて使い分けられる便利で豊富な収納スペースなど、快適な使い勝手も実現しています。

さらに、5名乗車時に荷室容量はクラス最大570Lという容量を確保。また、後席を倒した2名乗車時には、荷室容量は最大1141Lまで拡大します。

広電本社横マダムジョイ前にクリスマスイルミネーション、少しさみしいかな⁉︎

広電本社ビル横、マダムジョイ千田店前に元トランヴェール・エクスプレスが展示されてた場所に、クリスマスのイルミネーションか装飾されてました。電車ファンとしては少しさみしいかな⁉︎

この場所に展示されてたトランヴェール・エクスプレスは、元々1981年にドルトムント市から購入した電車で、2008年まで貸切などで運行されていました。2012年からはマダムジョイ千田町店に保存されてましたが2017年6月移転撤去されました。

2018年3月末をもって廃止されるJR三江線の浜原駅

かつては終点だった浜原駅。 折り返し列車が設定されていたので、大きな駅かと思っ たら、. 意外に小さな駅でしたわ。 三江線浜原駅. 浜原駅は平成17年に無人駅化された。三瓶山に近く三瓶山の雪景色が望め鉄分豊富な三瓶温泉♨️は効能も抜群らしいです。ぜひ一度お越しください!

広島大橋は海上のスカイライン


広島高速2号・3号線、広島大橋、海田大橋が海上を交差する海空のスカイラインは広島のおすすめドライブコースです。マツダ工場の上空も走ります。マツダの東洋大橋も絶景です。ここから、広島港まで10分、広島駅まで15分、呉駅まで25分、宮島まで40分、東広島の黒瀬インターまで20分で行けるよ。広島に観光にこられた方はレンタカーなど車でドライブしてみては

厳島フクロウの森とひょう猫の森は、宮島に行ったらオススメ!

「厳島フクロウの森」は、世界遺産・厳島に2016年1月にオープンしたお店。店内は1Fが「ヒョウ猫の森」、そして2Fが「フクロウの森」となっています。フクロウの森には、12種類の本物のフクロウに実際に触れて楽しめる体験ができます。1Fの店舗奥には「ヒョウ猫の森」もあり、ネコ好きな人はこちらもあわせてどうぞ!もちろん、フクロウだけ、ネコだけとどちらか好きなほうだけでもOK。両方利用すると料金もお得になります。ちなみにフクロウの森は時間制限がありませんので思う存分触れ合いOK!(猫の森は30分)http://owls-cats-forest.com/

宮島の大鳥居をくぐる、ろかい舟で厳島神社参拝。

厳島神社を海から参拝するのはいかがでしょうか?昼はろかい舟(手漕ぎ船)が大鳥居の近くから出航しています。ガイドさんの説明を聞きながら、海から大鳥居をくぐって参詣します。ろかい舟とは漢字で書くと艪(ろ)櫂(かい)と読みます。艪は人力で舟を漕ぐための道具。櫂は同じく水をかいて進めるための道具です。モーターも付いてなく人の力だけで漕ぐ舟をいいます。ちなみに料金は大人1000円で遊覧時間は20分です。